緊急時に服用しよう | 低用量ピルにアフターピル、用途に応じて使い分けよう!

緊急時に服用しよう

頬を抑える女性

避妊に使用されるピルには「低用量ピル」と呼ばれる日常的に服用する物以外に、「アフターピル」と呼ばれる物が存在しています。
アフターピルは低用量ピルと違い、日常的に服用するのではなく、避妊に失敗した際などに服用することによって非常に高い確率で避妊することができる、「緊急避妊薬」と呼ばれる医薬品です。

アフターピルの中には「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンが含まれており、服用することによって強制的に月経を引き起こし、着床できない状況を作り出すことによって避妊を行うことが出来ます。
非常に強力な避妊効果がある反面、薬を服用した際に起こる副作用も非常に強くなっており、吐き気やめまい、頭痛などの症状に悩まされる人も多くいます。
また、アフターピルは幾つか注意しないといけない点というのがあります。
まず一つは「処方してくれる産婦人科が限られている」という点です。
低用量ピルは多くの産婦人科で処方してもらえますが、アフターピルは処方してくれる産婦人科としてもらえない産婦人科が存在しているので、万が一の時に慌てることの無いように、前もって調べておくようにしましょう。
また、アフターピルには「72時間以内に服用しなければ避妊成功率が急激に下がる」という特徴もあるので、避妊に失敗した際は速やかにアフターピルを服用するようにしましょう。

非常に強力な避妊効果がある反面、身体に対しての作用というのも強くなっているアフターピル、常用すると決して体に良い影響は出ないというのはなんとなくわかると思います。
可能な限りこの薬の世話になる事の無いように、普段から確実な避妊を心がけるようにしましょう。