継続して服用しましょう | 低用量ピルにアフターピル、用途に応じて使い分けよう!

継続して服用しましょう

憂鬱な気分の女性

ピルと呼ばれる薬には大きく分けて2つの物が存在しています。
一つは継続して服用することによって安定した避妊を行える「低用量ピル」と呼ばれるもの、そしてもう一つが緊急時に服用することによって避妊を行える「アフターピル」と呼ばれるものです。

低用量ピルの中には「エストロゲン」「プロゲストーゲン」と呼ばれる女性ホルモンが含まれており、服用することによって体内の女性ホルモンの量が上昇し、その結果脳が「体は今妊娠している」と錯覚を起こします。
妊娠していると錯覚を起こしている為、本来であれば行われるはずの排卵が起こらなくなり、性行為を行った際に精液が膣内に侵入したとしても受精することが出来なくなり、結果的に避妊を行う事が出来るようになるのです。
そして、内部に含まれる女性ホルモンが身体に直接作用することもあり、肌の状態を綺麗にする効果があったり、女性ホルモンの上昇によって男性ホルモンの分泌が抑制され、多毛症やニキビの増加などを防ぐ事が出来ます。
また、服用する時期を調整することによって月経周期を一定の時期に整える事も出来るので、避妊目的以外の目的で服用している人も存在しています。
服用方法は毎日決まった時間に1日1錠服用する、というのを21日間繰り替えすもので、21日経過後は服用を辞める事によって月経を引き起こし、月経終了後はまた服用を再開することになります。

決まった時間に服用する、という習慣を作ることができるようになるまでは面倒に感じる事もあるかもしれませんが、正しく服用することが出来ればほぼ100%に近い避妊効果があるので、確実な避妊を行いたいと思っているのであれば、低用量ピルを服用してみましょう。